節電ナビ節電ナビ

節電・省エネ対策製品紹介サイト

節電ナビ

HOME  >  節電ニュース一覧  >   燃料電池+太陽電池を融合させる新触媒 九州大学が開発に成功

燃料電池+太陽電池を融合させる新触媒 九州大学が開発に成功

九州大学(福岡県福岡市)の研究グループ10月5日は、田中貴金属工業(東京都千代田)らとの共同研究により、燃料電池と太陽電池を融合する同一触媒の開発に成功したと発表したようです。

この触媒を用いると、水素をエネルギー源として燃料電池が、光をエネルギー源として太陽電池が駆動することが見出されたとのことです。

この研究を行うきっかけについて、研究者は、自然界からヒントを得て、光がない時(夜間)は、「水素」を電子源とする水素酵素のごとく、光がある時(昼間)は「水」を電子源とする光合成のごとく駆動する触媒・電池の開発を思いついたとおっしゃっているようです。

詳細はこちらから



カテゴリ一覧

人気タグ

施工場所から探す


top
断熱材・遮熱材
LED照明
屋上緑化・壁面緑化システム
太陽光・ソーラーシステム
オーニング・ルーバー
エコ建材
節電ニュース
建材ニュース

Copyright © setsuden-navi CO., LTD.