グッドリビング
匠ナビ
建材ナビ

オフィスの節電

オフィスの節電・省エネのポイント

オフィスビルにおける節電・省エネ対策は、そこで働く人々が中心となり実施するもので、“室温の適正な調整”“昼休み消灯”等、皆さまの努力による無駄の排除が重要なポイントとなります。これら負荷の軽減となる行為は、省エネ対策の第一歩です。特に電力需要のピークとなる7月~9月には、求められている需要抑制目標15%達成のために積極的な“節電アクション”を実践してみましょう!

オフィスビルにおける夏季の電力需要抑制目標
夏季の需要抑制目標値
夏季の電力需要抑制目標値
※ピーク期間(7~9月)ピーク時間帯(平日9:00~20:00)の消費電力を、それぞれ15%抑制することを目標としています。
夏季の電力需要抑制目標値
オフィスビルにおける消費電力の内訳
消費電力の内訳(ピーク時:14時前後)
■平均的なオフィスビルにおける電力消費のうち、空調用電力が48%、照明およびOA機器(パソコン・コピー等)が約40%を占めています。

■これらを合わせると電力消費の約88%を占めています。
空調・照明・OA機器における節電努力が節電対策のカギであることがわかります。
オフィスビルにおける用途別電力消費内訳
オフィスビルにおける電力消費の特徴
1日の電気の使われ方(夏季ピーク時)
1日の電気の使われ方
■オフィスビルにおいては、操業時間帯+一部残業時間帯(9:00~20:00)に高い電力消費が行われています。
夜間の消費電力は、昼間に比べ、約30%程になります。
オフィスビルにおける節電行動計画の詳細

5つの基本アクション

照 明 節電行動計画執務エリアの照明を半分程度間引きする。
節電行動計画使用していないエリア(会議室、廊下等)は消灯を徹底する。
空 調 節電行動計画執務室の室内温度を28℃とする
  (または、風通しなど室内環境に配慮しつつ、28℃より若干引き上げる)。
節電行動計画使用していないエリアは空調を停止する。
OA機器 節電行動計画長時間席を離れるときは、OA機器の電源を切るか、スタンバイモードにする。

さらに効果の大きい節電アクション

空 調 節電行動計画室内のCO2濃度の基準範囲内で、換気ファンの一定時間の停止、または間欠運転によって
  外気取入れ量を調整する(外気導入による負荷を減らすため)。
節電行動計画日射を遮るために、ブラインド、遮熱フィルム、ひさし、すだれを活用する。
節電行動計画冷凍機の冷水出口温度を高めに設定し、ターボ冷凍機、ヒートポンプ等の動力を削減する
  (セントラル式空調の場合)。
その他 節電行動計画複数の事業者で交代で休業する。(7グループに分けて輪番で週二日休業した場合)

メンテナンスやその他日々の節電努力

照 明 節電行動計画昼休みなどは完全消灯を心掛ける。
節電行動計画従来型蛍光灯を、高効率蛍光灯やLED照明に交換する。
  (従来型蛍光灯からHf蛍光灯又は直管形LED照明に交換した場合、約40%消費電力削減。)
空 調 節電行動計画フィルターを定期的に清掃する(2週間に一度程度が目安)。
節電行動計画電気室、サーバー室の空調設定温度が低すぎないかを確認し見直す。
節電行動計画室外機周辺の障害物を取り除くとともに、直射日光を避ける。
節電行動計画電気以外の方式(ガス方式等)の空調熱源を保有している場合はそちらを優先運転する。
節電行動計画朝の涼しい時間帯から設備を起動したり、分散起動すること(複数台数の場合)により、
  立上げによるピーク電力上昇を抑制する。
コンセント動力 節電行動計画エレベーターやエスカレーターの稼働を半減または停止する。
節電行動計画電気式給湯機、給茶器、温水洗浄便座、エアタオル等のプラグをコンセントから抜く
節電行動計画自動販売機の管理者の協力の下、冷却停止時間の延長等を行う。
その他 節電行動計画デマンド監視装置を導入し、設定を契約電力の△15%とし、警報発生時に予め決めておいた
  節電対策を実施する。
節電行動計画コージェネレーション設備を所有している場合は、発電優先で運転する。
ページTOPに戻る