都市緑化の未来を支える、ステンレス・ワイヤーブラケットシステム | 節電ナビ

節電ナビ節電ナビ

節電・省エネ対策製品紹介サイト

節電ナビ

HOME  >  屋上緑化・壁面緑化システム  >   都市緑化の未来を支える、ステンレス・ワイヤーブラケットシステム

 都市緑化の未来を支える、ステンレス・ワイヤーブラケットシステム

 

“ASANOが、環境に対してできること”

高度な経済成長と共に都市の開発が進んだ現在、環境問題において様々な警鐘が鳴らされていますが、これからの住みよい社会のための取り組みは、すでに各地で始まっています。

なかでも「都市の緑化」は、自然と共生する環境を次世代につなぐための重要な課題と言えるでしょう。

その対策の1つとして、コンクリート・アスファルトからなる広大な都市空間や建造物を緑化できれば、都市は莫大な面積の緑を確保することができます。

ASANOは都市環境での緑の生育を助けることが不可欠だと考え、ワイヤーテンショナーで培った経験と技術をもとに、壁面緑化に特化した「ワイヤーブラケットシステム」を開発しました。 ”1本のワイヤーを自在に、多方向に張る”、”最大4方向にワイヤーを張る”などの自由なプランニングで壁面をデザインし、植物の登はんを助けるこの「ワイヤーブラケットシステム」によって、大きなビルの壁面から、エントランスの壁などの小規模なものまで、あらゆる場面を緑化していくことを可能としました。

「人に、街に、もっと多くの緑を。」

自然環境との共存に向けた新たな時代への転換を、ASANOが技術と提案で支えます。

 

 

壁面を利用し、豊富なラインナップで様々なシチュエーションで緑化することが可能

ベースを打ち込む壁面があれば適用が可能です。(基本はコンクリート壁面ですが、木柱などの木材にも取付可。) WB-M、WB-L、WB-C、WB-Sの4タイプをラインナップし、比較的大きな荷重に耐えられるベース金具を採用しているのが特徴です。これによって立体駐車場やビルなどの面積の広い壁面や、学校、工場などでも安定感のある壁面緑化を作り出すことができです。 また、製品によってはベランダの庇や室内の部分装飾としても活用いただけます。

当社製品「緑化ワイヤーパーテーション」もございます。こちらは住宅や店舗向けの製品となっております。

https://www.asano-metal.co.jp/product/bracket/lineup-wp1.html

 

 

 

壁面緑化を採用することで得られるメリットとは

1.建物の温度上昇を抑制

壁面緑化された建物では、緑化面を通過して建物壁に達する日射量は5%以下にまで減少します。
緑は建物を日射から守り、建物への熱貫流と、壁面の蓄熱化を防ぎます。

 

2.ヒートアイランド対策

日陰にある緑化面は、葉からの蒸散作用によって空気よりも低温化します。
つまり都市大気の冷却面として働くため、ヒートアイランド減少の直接的な軽減装置とみなすことができます。

 

最大4方向にワイヤーをデザインできる「WB-M」タイプ

ワイヤーを最大4方向に、そしてそれを角度自在に張ることができる「WB-M」タイプは、
様々な設置条件に対して幅広い緑化デザインを可能にし、建築の意匠性を引き上げます。

 

 

《こんなときはWB-M》
・施設のイメージアップ、地域のランドマーク化を目的とした壁面緑化
・企業が環境CRSをPRすることを目的とした壁面緑化
・緑化植栽を数多く生育させるため、使用荷重を大きく設定したい場合

 

 

コストパフォーマンスに優れた「WB-S」タイプと「WB-C」タイプ

壁面に植栽用基盤を造成せずに、ワイヤーによってツル系植物の登はんを助けるタイプであるため、イニシャルコスト、・メンテナンスコストが比較的安価です。金具の数が少なく、シンプルなWB-Sタイプ、WB-Cタイプを選択していただければ、他タイプと比較してコストパフォーマンスに優れています。

 

●シンプルタイプ〔WB-S〕

アイボルトにワイヤーを通してシンプルに展開する、ラインアップ上最も安価な緑化システムです。ベランダや軒下の壁面緑化にも対応できます。2ウェイラインの場合、ワイヤーのアフターメンテナンスを考慮すると、高面積よりは小規模の壁面緑化に向いていいます。

《こんなときはWB-S》
・コストを抑えて壁面緑化したい場合
・ビルのエントランス部分のみの壁面緑化
・住宅のベランダの日除けとしての壁面緑化
・室内装飾を目的とした壁面緑化

 

 

 

●クリップタイプ〔WB-C〕

ワイヤーをベースにクリップして展開する為、比較的施工が簡便です。1本のワイヤーのみで壁面緑化ワイヤーシステムを展開でき、シンプルな施工でワイヤー2本を斜めにクロスして壁面の意匠とすることも可能です。クリップ止めされたワイヤーのアフターメンテナンスを考慮すると、高面積よりは小規模の壁面緑化に向いています。

《こんなときはWB-C》
・ビルのエントランス部分の壁面緑化
・住宅などの壁面緑化
・室内装飾を目的とした壁面緑化

 

 

 

広範囲の壁面緑化に効果を発揮する「WB-L」タイプ

上下のアングル間にワイヤーを展開し、高面積を効率的に施工できるこちらは、最も多くの納入実績があります。他のタイプと比較して、ベース金具をアンカー施工する箇所が少なく、横方向にロッドを展開することで植物が登はんする足掛かりを増やし、植物の生育を助けます。複数のアングルを設置すれば、広範囲の壁面緑化が可能となります。

《こんなときはWB-L》
・立体駐車場、工場、大きなビルの壁面など、広範囲の壁面緑化
・ベース金具のアンカー施工箇所を極力少なくしたい場合
・壁面が無い支柱間に取り付けて緑化したい場合

 

 

 

ステンレス専門メーカーの強み

[WBベース]システムの安定感を生む、要(かなめ)のパーツ。

ステンレス鋳物で製造されたこのベース金具は、植物が生育した場合の重量と、風・雨・雪によるシステム全体への影響を考慮し、強度を持たせるための設計を行いデザインされています。通常の仕様に加え、[ベースサポート]金具を接続することで、さらに大きな荷重に耐えられる仕様にもできます。

 

 

耐候性のある材質

高い強度を誇る理由は設計だけではありません。採用されている素材「SCS14」はSUS316に相当し、代表的なSUS304よりも海水や各種媒質に耐食性が高いことで知られる鋼種です。

 

 

組み合わせるワイヤーロープ

上記のWBベースとコンビとなるワイヤーロープ。海上でも採用されてきたASANOのステンレス製ワイヤーロープは陸上でも同様の耐候性を発揮します。

 

 

※使用荷重について

壁面緑化を施工する際は、登はんさせる植物(ヘデラやアサガオ等)が成育した場合の重さを考慮する必要があります。また、植物の重さに加えて、風による影響や雨・雪にもよる重さも重要になります。当社ワイヤーブラケットシステムの使用荷重は、それぞれ下記リンクにて設定してありますが、その使用荷重以上の重さがかかる場合は、1㎡あたりの使用個数を増やす等で安全を考慮してください。

 

施工実績

     
     
 
 

浅野金属工業株式会社

ステンレスの可能性を追求して、70年。
浅野金属工業はこれまで、海洋・漁業、建築など幅広い分野でステンレスが持つ
「耐久性」「耐候性」「美しさ」の可能性を追求し続けてきました。
長い歴史の中で培われた開発技術と、お客様に想いを馳せた信頼の在庫・出荷体制で
様々なプロフェッショナルのニーズにお応えします。

 

〒950-0803
新潟県三条市月岡2866
Tel: 0256-33-0101
Fax: 0256-33-0096
http://www.asano-metal.co.jp/

 
 
 

断熱材・遮熱材のおすすめ製品

居住空間の未来を変える、全く新しいコンセプトの冷暖房システム。輻射式冷暖房「THEAR(シアー)」

 居住空間の未来を変える、全く新しいコンセプトの冷暖房システム。輻射式冷暖房「THEAR(シアー)」 新しい冷暖房...

超断熱塗装材『GAINA -ガイナー』で快適住まいを実現します!

人の五感に訴える商品、それがガイナ。 涼しさ、温かさ、防音、消臭効果など、快適空間を作り出します。 今...

小屋裏換気なら「風之介ブロワー24セット」にお任せください!

 小屋裏換気なら「風之介ブロワー24セット」にお任せください! "小屋裏換気"見えないけれど重要です! 小屋裏に...



カテゴリ一覧

人気タグ

施工場所から探す


top
断熱材・遮熱材
LED照明
屋上緑化・壁面緑化システム
太陽光・ソーラーシステム
オーニング・ルーバー
エコ建材
節電ニュース
建材ニュース

Copyright © setsuden-navi CO., LTD.