節電ナビ節電ナビ

節電・省エネ対策製品紹介サイト

節電ナビ

HOME  >  節電ニュース一覧  >   下水から採れた水素ではしる!燃料電池小型トラック 福岡で公道実証スタート

下水から採れた水素ではしる!燃料電池小型トラック 福岡で公道実証スタート

東京アールアンドデー(東京都千代田区)は、データ収集を目的に燃料電池小型トラック(FCV)の公道実証試験を福岡県福岡市で10月より開始するそうです。

 

同実証実験は、環境省の委託事業「平成28年度 CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」における「燃料電池小型トラックの技術開発・実証」として実施するものだそうです。

 

実証期間は10~12月までの約3ヶ月間。同社によると、燃料電池小型トラックの公道実証は国内で初めて。実証では、同事業で開発した車両を利用して、福岡市内で配送業務を行い、実運用でしか得られない車両のデータ収集・評価を進め、今後の技術開発に活用する計画だそうです。

 

出典:東京アールアンドデー



カテゴリ一覧

人気タグ

施工場所から探す


top
断熱材・遮熱材
LED照明
屋上緑化・壁面緑化システム
太陽光・ソーラーシステム
オーニング・ルーバー
エコ建材
節電ニュース
建材ニュース

Copyright © setsuden-navi CO., LTD.