節電ナビ節電ナビ

節電・省エネ対策製品紹介サイト

節電ナビ

HOME  >  節電ニュース一覧  >   建築物省エネ法の改正案、閣議決定 適合義務が延床面積300平米以上に拡大

建築物省エネ法の改正案、閣議決定 適合義務が延床面積300平米以上に拡大

2月15日、「パリ協定」の発効等を踏まえ、住宅・建築物の省エネ性能の一層の向上を図るため、住宅・建築物の規模・用途ごとの特性に応じた実効性の高い総合的な対策を盛り込んだ「建築物省エネ法(建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)の一部を改正する法律案)」が、定例閣議で決定したそうです。

 

この決定により、オフィスビルやホテル、商業施設など住宅を除く新築の中規模建物(延べ床面積300㎡以上)に、省エネ基準への適合を義務付けるとのこと。現在、大規模建物(延べ床面積2,000㎡以上)に限っている対象を拡大し、増加が続くエネルギー消費に歯止めをかけるそうです。

 

出典:国土交通省



カテゴリ一覧

人気タグ

施工場所から探す


top
断熱材・遮熱材
LED照明
屋上緑化・壁面緑化システム
太陽光・ソーラーシステム
オーニング・ルーバー
エコ建材
節電ニュース
建材ニュース

Copyright © setsuden-navi CO., LTD.